salaryman1.jpg


目次
1・サラリーマンの暮らし楽にならず。。。

2・サラリーマンの税金対策って?

3・サラリーマン限定税金対策マニュアル

4・サラリーマンの税金対策は。。。

5・払わなくてもよい税金なら。。。

6・サラリーマンのあなたへ

7・税金に関する無料冊子のご案内

苦しいサラリーマン同志へのプレゼント



不労所得の仕組みつくり

いくらサラリーマンの税金対策をやっても収入が増えるわけではないですよね。

悲しいですが、自分が今貰っているお給料以上は収入は増えない・・・。
もちろん私も例外ではありません。

毎月、一応決まった(安定?)お金が入ってくるので安心といえば安心なんですが、
このご時世、いくらお金があっても心の底から安心はできません。


とりあえず節税をしながら、
今度は収入を増やすことを考えなければならないと最近は思います。

そこでインターネットを使った収入源というのはないものかと模索するようになったんです。


流行みたいになっているので、やったことがある人もたくさんいるでしょうね。
そして、やっぱり全然稼げないじゃん!という結論に達した人もたくさんいると思います。

でも、ひょんな事から知ってしまいました。
不労所得の仕組みの作り方を。

しかも無料で。
実践するにも完全無料でした。

はっきり言って無料だから読んでみたんですが、
仕組みを作ってから1日で1000円稼いでしまいました。

仕組み作りには1日かかりません。
休みの日にでもやればPC音痴でも出来ると思います。

まぁ、色々言ってもしようがないので
あなたの目で確かめてください。

本当に無料ですから。
あとから請求が来ることも絶対ありませんから。

読んで無理だと思ったらやらなければ良いだけですから。

不労所得の仕組みの作り方

普通にやれば月に30万円くらいは稼げます。

そしてサラリーマンの税金対策をやれば最高ですよね。

それでは^^

サラリーマンが求めるものは

サラリーマンが求めるものは大多数がお金だと思っていたんですが、
そうでもないみたいですね。

でも、税金対策はした方が良いですよ〜
ちょっと宣伝でした(笑)


さて、会社にほしい備品を企業間トレードサイト「Alibaba JAPAN」を運営するアリババがサラリーマン300名にアンケートをしました。

1位は何だったと思います??

男性は「マッサージ機器」

女性は「ミネラルウォーターサーバー」

だそうです。

男女間で違うのはわかってましたが、男性はやっぱり外回りをやってると体が疲れるのかもしれないですね。

女性はオフィスにいると乾燥するんでしょうか?


サラリーマンに限らず、働くということは1日の半分は仕事関係ですごすということになりますよね。

出来る限り、快適な環境で働きたいと思うのは人間の心理でしょうか。

また、設置してほしい設備は

男性「社員食堂」

女性「リラクゼーションルーム」

が1位だったようで、特に男性は小遣いが減って、昼ごはんを節約している人が多いんでしょうね。

社員食堂で日替わりランチでよいから、キチッとした食事をしたいと思いますよね。

気持ちわかるな〜^^;






サラリーマンの生活

サラリーマンの1日というのを考えたことがありますか?

最近、問題になっているサービス残業。
残業しても何にも見返りがない。というかしないとクビになるからしなくては仕様がない。。。

サービス残業は誰も望まないし、あなたにとっても会社にとってもいいことで はない。
と言う意見もありますが、なかなか難しいですよね。

自分の時間を削るのに、お金は入ってこないし、もちろん好きなことも出来ない。
これがサラリーマンです。

だからこそ、税金対策は考えた方が良いように思うんですよね。
最近では色々な税金対策を試しているサラリーマンもいます。

逆に何にもしていない人もいますが。。。

サラリーマンも会社任せにせず、個人で税金対策を考える時代に突入してるんじゃないかな〜

自分の道は自分で切り開く時代ですよ。

サラリーマンの計画性

オリンピックで注目されている中国・北京。

経済の成長はこんなところも弊害があるんでしょうか?

6千人のサラリーマンを対象にした調査です。
クレジットカードの使用状況についてんの調査なんですが、驚くなかれ

約4割が「カード地獄」に陥っており、度重なるカード利用により給料日が借金返済日になっているらしいんですね。

複数枚のカードを持ち歩き、いつでもカードでスマートに買い物をする――こうした生活スタイルを送るサラリーマンは多い。

ま〜カッコいいですからね。


ただ、サラリーマンは特にそうなんですが、毎月入ってくるお金(給料)は決まってますよね。

だから、かなり計画的にカードを使用しないと、「カードの奴隷」になるのはわかると思うんですが、
止められないんですね。

上海理財専修学院の徐建明・執行院長は「海外ではクレジット消費が個人の破産の第一の原因だ。カード利用は自律的でなければならない」と話す。


サラリーマンの皆さん気をつけましょうね。








税金対策は計画的に。
節税しましょう^^

サラリーマンの小遣い調査。

今年もサラリーマンの小遣い調査が4月19・20日の2日間で全国のサラリーマン500人を対象に行なわれたみたいですね。

気になる結果なんですが、平均46,300円と4年ぶりに減少ですってショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

「8割近くが「小遣い額に変化なし」と答え、さらに「小遣いが下がった」との回答が12.6%で、「小遣いが上がった」と答えた10.6%を上回った。

混迷する日本の政治・経済の先行き不透明感や生活防衛意識が反映されているようだ」と言うこと。

これから各種税金も益々あがってくるようなことを言っているし、確かに先行き不安ですよね。


小遣いが下がるとサラリーマンの財布を直撃するのは、4割以上が「使い道として外せない」と答えている「昼食代」。そりゃそうだ!

でもこの昼食代も昨年より20円の減少ですって。

嫌になるね全く。。。

お弁当にするかな〜


サラリーマンも節税をはじめとする税金対策を考えなくちゃですよね。

サラリーマンは日本でも北京でも・・・

サラリーマンは日本でも北京でも一緒なんですね。

オリンピック特需が続いている中国では、土地も高騰しているらしく、
やはりどっかの国と同じ道を歩むんでしょうか?

景気が良くても悪くてもサラリーマンは苦労しますね〜

「年収6万元を超える北京に住む若年層サラリーマンのうち、7割以上は同市の不動産住宅を購入することができない」

北京鍵家地産の調査では、高騰する住宅価格が北京での住宅購入を諦めさせる要因になっていると指摘。

対策は色々とられているようですが、それでも苦しいですよね。

中国にも節税ってあるんでしょうか?
経済体制が変われば、税金体制ももちろん違ってくるんでしょうけど。

サラリーマンはこれからも苦しい

サラリーマンには暗いニュースばかりですね。

2008年4月から、国民の生活に直結する食品などの値上げラッシュが続いています。小麦価格の上昇によって、パン類や麺類、お菓子の値段はすでに上がっていますが、さらなるアップが予想されます。

まだまだいろんなものの値上げが続きそうですね。


長年の価格据え置きで「物価の優等生」といわれた牛乳やしょうゆも、一斉に値上がりしました。牛乳はなんと30年ぶり、しょうゆも18年ぶりだそうですか
ら、国民生活に大きな影響を与えることになります。そのほか、電力やガス料金などの光熱費、そして国民年金の保険料まで上昇するので、家計へのしわ寄せは
計りしれません。

サラリーマンの我々には希望がないニュースばっかりです。


特にサラリーマンは、ここ数年、いろいろな控除が削られて実質的な増税になっているので、手取り金額の下降と並行して、生活必需品も上昇するという二重苦三重苦になっています。

税金対策がしにくいサラリーマンとしてはもっと考えなくては。


そのうえ、もう1つショッキングな事実として、最近のサラリーマンの5人に1人が「数年以内に失業するかもしれない」と感じているといいます。と同時に「いまのままサラリーマンにしがみついていても、将来的な希望はまったく見いだせない」という人も増えています。


節税できるところはしていかないと、サラリーマンの将来はない。。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。